歯周病

歯周病とは

歯周病は、日本の成人の8割ほどがかかっている、もしくはその予備軍といわれる病気です。

歯が抜ける原因として最も多いのが、この歯周病にかかったケースです。
自覚症状がないまま進行し、いつの間にか顎の骨が溶け、歯が抜けてしまう恐ろしい病気ですので、予防と早めの治療を心がけることが大切です。

歯周病の原因となる3大要素

  • 歯周病菌
  • その名のとおり歯周病のもととなる細菌で、ひとたび口腔内に広がるとなかなか取り去ることができません。自覚症状がなくても、定期的に検診を受けることが早期発見につながります。

    また、虫歯同様、毎食後の正しいブラッシングが予防の第一歩です。

  • 持病
  • 「全身疾患があると歯周病になりやすい」と言われております。特に糖尿病はその代表例です。

    それとは逆に、最近では、歯周病が原因となってさまざまな病気を引き起こすこともわかってきております。

  • 不規則な生活習慣
  • 生活習慣病の代表的とも言える寝不足やストレスは、歯周病においても悪影響を及ぼします。とはいっても、定着している生活パターンはなかなかすぐには変えられないものです。

    生活を大きく変えるのではなく、まずは、夜早く寝るように意識する、タバコの量を減らすなど、ちょっとしたことから改善してみましょう。

あなたも
歯周病ではありませんか?

まず、ご自身のお口の中をチェックしてみましょう。

  • 歯を磨いていると、歯ぐきから血がにじんでくる
  • 朝起きると、お口の中がネバネバして気持ち悪い
  • 硬い物が噛みにくい
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯がぐらぐらしてきた
  • 周りの人にお口が臭うと言われた
お口の中をチェックしてみましょう

当てはまる症状があれば、あなたも歯周病に感染している可能性があります。
早めに歯科医院に行き、歯周病検査を受けることをおすすめします。

歯周病の進行具合と
治療方法

軽度歯周病

歯と歯肉の間にプラーク(歯垢)や歯石が溜まって、細菌が繁殖しています。歯肉に炎症が起きて、腫れや出血が見られる状態です。

治療

この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や、1~2回の歯のクリーニングを行うことで、比較的短期間で回復します。

軽度歯周病

中等度歯周病

口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立つ状態です。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットも深くなり、歯にグラつきが起きはじめます。
この段階では、歯の表面に沿って歯周ポケットの奥まで付着した歯石を取る治療が必要です。痛みを感じるときは、麻酔をして無痛状態で施術します。

歯肉溝(ポケット)の深さが4mm以上ある場合は非外科的な処置が難しいため、歯周外科の適応となる場合があります。

中等度歯周病

治療

この段階では、歯周ポケットの歯石を取る治療が必要となります。数回の歯石除去を行い、歯ぐきの状態が改善されたあとに再検査します。進行具合によっては、歯周外科治療も必要な段階です。

重度歯周病

歯肉が化膿して真っ赤に腫れ、骨もかなり破壊されて後退し、歯の動揺が大きくなった状態です。重度の場合、非外科処置では対応できない部位は歯周外科で処置します。
それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

治療

多くの場合、歯周外科による治療が必要となります。
歯を残せるようであれば、歯周外科手術や再生療法を試みますが、残念ながら抜歯となるケースもあります。
ここまで悪化する前に、少しでも早く治療にお越しください。

重度歯周病