訪問診療

訪問診療について

訪問歯科

訪問診療とは?

「訪問診療」は、在宅医療を行う患者で通院が困難な方に対し、あらかじめ診療計画を立て、“定期的”に患者様のいる場所に赴いて行う診療となります。

歯科医師が行う治療と歯科衛生士が行う口腔ケアがあり、患者様の状態によって対応が異なります。

訪問歯科の対象者について

介護認定や年齢に関係なくお体が不自由で医院に来院が困難な方であればどなたでも対象となります。

ただし患者様寝泊まりしている場所に赴くことが条件となりますので通所などで施設に滞在されている方の場合は訪問歯科の対象とはなりません。

訪問エリア

訪問対応エリア

訪問診療は保険診療で診療所の場所から半径16㎞以内となっておりそれ以上の場合は自費診療扱いとなります。ただし対象の方の居住地の半径16㎞以内に歯科診療所がない場合はご相談ください。

訪問診療

訪問診療の内容

訪問診療ではポータブルの歯の切削器具、バキューム、レントゲン撮影装置など診療室内と同等の器具を携帯して治療にあたっていますので診療室で行われるほとんどの治療を行うことができます。

ただ訪問診療を受けられる方は体力、体位、開口などに限界があり診療室と同等な精密な治療や難易度の高い治療には適していません。また対象の方は口腔清掃もご自分で難しいことが多いです。

口腔内の汚れを放置することは虫歯や歯周病だけではなく誤嚥性肺炎や全身的な感染症にかかるリスクが高くなります。歯の治療だけでなく口腔ケアをお勧めしています。

訪問時間

当医院では訪問治療の時間を毎週火曜日と隔週の木曜日の午後に設定しております。その他どうしても都合が合わない場合は対応させていただける場合もございますのでご相談ください。

費用

費用・保険について

訪問診療は健康保険と介護保険をお持ちの方は介護保険も使った診療となります。

多人数を見る場合や負担割合によって値段が違いますが1割負負担の方で少ない場合では一度の訪問で600~7,000円ほどかかります。

訪問診療の流れ

ご用意頂くもの

  1. 各種保険証(医療保険、後期高齢者医療保険、介護保険など)
  2. 飲んでいる薬の内容がわかるもの(お薬手帳、服用説明書など)

治療の場所・ご自宅の場合

  1. 流しなどの水回り
  2. コンセント
  3. 脇に一人分のスペースがとれる場所

治療の立ち会い

治療に際しては、出来るだけ家族の方が立ち会って下さい。特に初回は、これからどういう治療を行っていくか相談するためにも、立ち会うことを薦めます。

診療

診療の流れ

医師と歯科衛生士や歯科助手が、ポータブル歯科機材をもって訪問してきます。大抵は車で来ますので、近くの駐車場などを伝えておくとよいでしょう。

治療は、イスやベッドの上などで行われ、1回の治療には約30分程度かかります。また、口腔ケアやリハビリテーションでは、口腔内の清掃だけでなく、歯ブラシを使ったリハビリから発声によるリハビリまで、幅広いケアが行われます。

治療が終わったら、次回の予約や自己負担金の支払いを行って終了です。前の人の治療が長引いたり、車が混んでいたりすることもございますので、予約時間には幅を持たせていただくと助かります。

支払いについて

保険の自己負担金の支払いは翌月に1回まとめて支払う方法をとっております。請求書をご自宅に郵送しますので、診療所の窓口でお支払いいただくかお振込みをお願いしております。

訪問口腔ケアの勧め

訪問ケアのススメ

近年、歯科に関する情報がメディアに報道されることが多くなりました。なぜでしょうか?2025年、日本は超高齢化社会をむかえると言われています。当然、要介護者が増えることも間違いないでしょう。

その中で注目されているのが「誤嚥(ごえん)性(せい)肺炎(はいえん)」です。お口のお手入れが出来ずに不潔になってしまうことが原因の肺炎です。肺炎は、死亡原因第3位と厚生労働省から発表されています。

みなさんが寝たきりになってしまい、お口の清潔を保てなくなってしまったら・・・と想像してみてください。お口のお手入れは、みなさんが思うよりもなかなか困難なものであります。

そこで当院では歯科衛生士がご自宅を訪問して手入れをさせていただく「訪問口腔ケア」を行っております。肺炎などの感染症をを予防することだけが目的ではありません。

清潔になったお口で食事ができる、食事はもう摂れなくなってしまったけれど家族とお話ができる。だ液が出るようになり、口臭が減る。苦しい状態の中、ほんの少しでも快適に過ごしていただきたい。

わたし達ができることを精一杯させていただきます。まずはお電話にてご相談をお受けいたします。

電話で相談する