小児歯科

子供の虫歯

子供の虫歯

子供が虫歯になる原因とは

乳歯は永久歯に比べ歯の表面(エナメル質)の構造上虫歯になりやすく、小さな虫歯があっという間に大きく広がってしまいます

また間食や清涼飲料水の摂取が多く歯磨きも上手に行き届かない場合が多いので保護者の方による仕上げ磨きが必要です。

また乳歯は永久歯に生え変わりますが、下の歯が生えだしているのに自然脱落を待ち長い期間放置していると、乳歯がかぶさって磨けなかった永久歯が知らない間に虫歯になってしまうことがあり、とりわけ学童期は定期的な歯科検診が推奨されます。

虫歯にならない為に
気をつけるポイント

清涼飲料水の摂取を控える

清涼飲料水の摂取を控える。

今はずいぶんと減りましたが、夏の暑い時や食欲がない乳児などに栄養補助や熱中症対策にと哺乳瓶にスポーツドリンク、オレンジジュースなど酸性の飲料を含むものを入れて頻繁に飲ませ生えている歯がすべて虫歯という乳児が問題となった時期があります

大人もそうですがどんなに歯を磨く方でも清涼飲料水を頻回にとっていれば虫歯になってしまいます。何故なら虫歯というのは酸による歯の表面の脱灰(歯が溶ける)が歯の表面の再石灰化(歯の表面が修復する)に勝ることによっておきるためです。

スポーツドリンクなどの清歯が溶けだす酸性度は5.4で清涼飲料水や乳酸飲料のPHは2.9~3.3ほどです。このPHはなんでも溶かしてしまう塩酸に匹敵するほどです。

口腔内の唾液には緩衝作用がありますが、頻回の摂取では緩衝作用が間に合わないため暑い時期でも清涼飲料水は控えなるべく麦茶や水を上げてください

ただ確かに塩分を補給する必要はあるためお弁当に梅干しを入れたり汗をかきやすい状態にあるときは食事などで塩分を補わせるなど工夫が必要です。

注意

だらだらと間食することを控える。
夜寝る前にお菓子を食べさせない。

上記と同じ理由です。また夜は唾液の流れが滞るために少しでも歯の汚れが残っていると虫歯になりやすいです。

規則的な生活

規則的な生活を心がける

規則的な生活を心がけると食事も規則的にとることができ唾液の持っている抗菌作用も最大限に働くことが期待されます。虫歯だけでなく現在私たちの生活を阻んでいるコロナのような感染症に打ち勝つためにも最大の免疫力を保つことが重要です。

虫歯はうつる?

虫歯はうつりますか

虫歯菌は何歳になってもうつります。ただし3歳ぐらいになるまで虫歯菌を移さないようにすればその後虫歯菌が入ってきたとしても虫歯になるリスクは大きく減らせます。生まれたばかりの乳児の口の中には虫歯菌はいません。保護者の口へのキスや離乳食を与える際の保護者の唾液から感染してしまうことがほとんどです。

虫歯になりやすい人の特徴として

  1. 清涼飲料水を頻回に摂取する
  2. 不規則に頻回の食事を摂取する
  3. 歯のかみ合わせに問題があり口呼吸であることが多い
  4. 口腔内細菌に虫歯菌が多い

子供の虫歯予防

歯医者で行う予防ケア

  1. 染め出しなどを行い子供本人への自覚を促した上での歯ブラシ指導
  2. 保護者様への歯磨き指導及びおやつや清涼飲料水を含めた食育の始動
  3. シーラント(予防充填剤)の充填
  4. フッ化物の塗布
  5. 適切な歯ブラシや歯磨き剤のご提案

自宅で行う予防ケア

  1. 普段からダラダラ食いや清涼飲料水を頻繁に飲むことは避けましょう
  2. 規則正しい生活、食事
  3. 間食後にはぶくぶくうがいをして歯磨きと保護者による仕上げ磨きが大切です
乳歯の虫歯

乳歯が虫歯の場合

乳歯はその構造から虫歯になると進行が早いため早期発見早期治療が大切です。放置すると永久歯の生え方に影響を及ぼします

虫歯は何歳からなるのか

奥にある乳臼歯が生え離乳食が進む1歳6ヶ月くらいからなりやすいと言われています

虫歯にならない為のケア

産まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には虫歯菌はいません。保護者の方からのキスや食事の際の唾液によって虫歯菌は移ります。

虫歯菌は何歳になっても移りますがとりわけ3歳ごろまでに虫歯菌を移さなければ一生虫歯になりにくいと言われています。何故なら口腔内の細菌のバランスは3歳ごろまでに決まると言われておりその後に虫歯菌が入っても他の菌が存在するため口の中に定着しにくいと言われています。

まず初めに虫歯菌がうつらないようにすることが重要であるとともに保護者の方や家族の方が虫歯菌の少ない口腔内でいることが大切です。

そのため当院では妊娠中の方、乳児がいらっしゃる保護者の方にも予防歯科検診をお勧めしています。

歯ブラシの方法

歯ブラシの方法

6ヶ月〜1歳ごろまで

乳児の時から歯磨きすることを嫌がらないように歯が生え始めた6ヶ月ぐらいから赤ちゃんを上向きに膝の上などに寝かせ、生えかけた前歯をそっと指に巻きつけたガーゼで拭き取ることから始めましょう

また指にキャップのようにはめられるゴム製の毛が生えている歯ブラシなどもあります。1歳ごろには上下の前歯4本が生え揃いますがこの頃はまだ歯磨き粉を使う必要はありません

この時期から歯ブラシは楽しいものだと認識してもらうためにまた保護者自身も楽しんで毎日続けられるように子供の歯磨きの歌やビデオなどを流したりなどの工夫をしながら始めましょう。

子供

1歳~1歳半ごろまで

前歯だけでなく臼歯も順に生えそろってくる頃です。お子様が暴れたりする危険性がなければそろそろゴムの指サックのような歯ブラシか乳児用の歯ブラシに交換しましょう

奥歯の咬みあっている部位にビスケットやご飯などのねっとりとしたものがくっついています。このまま置いておくと虫歯になりますので丁寧にやさしく歯ブラシをして除去します。

歯が詰まっていて取れにくく、お子様があまり動かなければフロスも使って下さい

子供の歯磨き

1歳半〜3歳ぐらいまで

全体に歯が揃ってきます。子供用の歯ブラシを使って歯磨きをしてあげてください

このころまで仕上げ磨きを続けていただいていると子供も歯ブラシが保護者の方との楽しいスキンシップと感じ喜んで歯ブラシをさせてくれることが多いかもしれません。ブクブクうがいができるようになったらフッ素入りの歯磨き粉を使います。

歯磨き粉は慣れたらうがいせず最後は口の中に残した方がフッ素成分がいきわたり虫歯予防に効果的です3歳ごろになると自分でも歯磨きをしたがると思いますが歩きながら磨いて転んで喉をついたりすることがないように気をつけましょう。

子供の歯磨き

3歳〜6歳ごろまで

自分で歯磨きをする習慣をつけるとともに必ず仕上げ磨きをして下さい。歯の間が詰まってものが詰まりやすいようなお子さまの場合フロスを使って仕上げましょう。

子供の歯磨き

6歳〜12歳ごろまで

歯磨きはある程度自分でできるようになったこの頃が実は要注意時期ですとりわけ小学校に入ると仕上げ磨きや点検を忘れてしまいがちですが実はこの時期に6歳臼歯と言われる大人の歯が初めて生えてきて大変虫歯になりやすい時期に突入します

2年生ぐらいになるまでは頑張って仕上げ磨きを続けてください。その後もできたら続けていただいた方が良いですが難しい場合は最後にあ~んしてと言ってチェックしてあげましょう。

ただ小学生ぐらいまではまだ子供にはたくさんのスキンシップが必要です。仕上げ磨きを重要な親子のスキンシップの一部と考えて行うとよいでしょう。

子供の予防歯科

フッ素について

“フッ素”は歯の質を強化し、虫歯の原因となる酸に対する抵抗力を高めます。“フッ素”は生えて間もない時期の歯に塗布することで予防効果が高くなります

ただ“フッ素”を塗布したからといって虫歯にならないわけではありません。あくまでも“フッ素”は虫歯になりにくくする作用があるだけです。毎日の歯みがきはきちんと行いましょう。

シーラント

シーラント

シーラントは奥歯の溝を薄いプラスチックでふさぐ虫歯予防法です。乳臼歯のかみ合わせの溝が深い場合、ハブラシの毛先が届きません。

この奥歯の溝の部分をシーラントでふさぐことで虫歯を予防することができます

乳歯の治療

乳歯の治療方法

大人の歯と同じように歯を削って詰め物をします。ただお子様の場合治療を嫌がって暴れて危険を伴いますので、そのような虫歯治療は3歳以上になってから行っています。

なるだけ虫歯にならないように普段からのブラッシングと予防処置が重要です

赤ちゃん

赤ちゃんの歯について

乳歯は赤ちゃんがおなかの中にいる妊娠7週頃に発生します。妊娠4〜5ヵ月ころには石灰化といって、硬い歯になっていきます。その後1〜2年くらいかけて乳歯の完成です。

いくつかの永久歯も妊娠4か月ごろにつくられ始め、永久歯は長い年月をかけて完成していきます。

その後生後6〜9か月ごろに下の前歯(乳切歯)が生えはじめ、2歳半〜3歳ごろにかけてゆっくりと生え揃っていきます。3歳過ぎには乳歯列での噛み合わせが完成します。

※歯の生える時期や順序には個人差がとても大きく、生後4か月くらいで生えてくる子もいるのに対し、1歳ごろまで生えない子もいます。

生えてこないケース

最近のお子様は臼歯の数本が最初から作られず生えてこないことが以前に比べ多く見られます

最初から作られていない状態を歯牙の先天性欠如といいますがこれはそれに続く永久歯も作られないことや乳歯は全部生えそろっていたのに永久歯が生えてこなかったケースもあり永久歯の先天性欠如の割合はおよそ10人に1人といわれています。

生えてこなかった場合には1~2本であればあまり影響がない場合もありますが多数の歯が欠損していたり少数でもかみ合わせや見た目などの問題が出てくる場合がありますので早めに受診していただくことをお勧めしています。

永久歯に先天性欠如のため問題がある場合の治療法

・生えなかった部位に乳歯がある場合

乳歯は永久歯がその下にあるために根が吸収し脱落して永久歯と入れ替わります。その下に永久歯がない乳歯の場合根が吸収されず40歳ぐらいまで問題なくとどまっていることもあります。虫歯にならないようにながもちさせるためよくブラッシングをしてください

・矯正をする

永久歯が全部生えそろうまで待ってその部位を埋めるために矯正をするという方法があります。

・補綴治療をする

永久歯がそろうまで待ち足りない歯を補うために両側の歯を使ったBrという被せ物を行います。