入れ歯

入れ歯

入れ歯とインプラントの違い

入れ歯とインプラントの
違いについて

入れ歯は保険内で治療できるために高額な費用が掛からなくて済みます。

またインプラントを入れた歯は自分の歯と同等かそれ以上に綿密なプラークコントロールが必要ですがご高齢の方や歯ブラシが難しい方にとって入れ歯は口腔外に取り外してお掃除することができるためよりメンテナンスがしやすいです。

またインプラントは小外科手術が必要でお体に負担がかかるのが難しい方には行えませんし最終的な被せ物をインプラント上に行うには植えたインプラントの安定を待つ必要があり半年以上など時間がかかることも多いです。

入れ歯の部分の単独であれば治療開始から終わりまで短くて2回、長くても6回ほどの治療で済みます。

当院の入れ歯治療メニュー

当院の入れ歯メニュー

当院では、保険が適用できる入れ歯と、自費でお作りする金属床義歯。それに入れ歯を入れたことが他人からわかりづらいノンクラスプデンチャーをご用意しています。ご要望をお聞きした上で、その方に合った入れ歯をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

金属床義歯

金属床義歯

歯肉にあたる部分が金属でできた入れ歯です。金属なので薄く作製でき熱伝導が良いので食事の温度がわかりやすく快適です。薄いため食事や発音がしやすいので快適です。

ノンスクラプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは、目立つ金属のばねがない入れ歯です。弾力性のある新素材を使用しており、素材が柔らかくセラミックやハイブリッドレジン等の催場を入れても傷つける心配がありません

入れ歯を気にせず、素敵な笑顔を見せてください。

保険の入れ歯

保険の入れ歯

プラスチックの弱さを補うために金属床に比べ厚みがあるため違和感がありますが、初めて義歯を作る方、義歯に費用をかけたくない方にお勧めです。